■ものづくり補助金とは

ものづくり補助金とは、中小企業庁及び独立行政法人中小企業基盤整備機構が実施している補助金制度で、「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」のことをいいます。

IT導入補助金や持続化補助金と並び、メディアにも取り上げられる人気の補助金で、「ものづくり補助金」という略称で呼ばれております。

ものづくり補助金は、中小企業・小規模事業者が今後複数年にわたり直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大、賃上げ、インボイス導入等)に対応するため、中小企業・小規模事業者の取り組みに対し、1,000万円または3,000万円(補助率1/2〜3/4)を支援する補助金です。

フィッシュリップルでは事業者様の申請のサポートをしております。

> ものづくり補助金公式サイト

■補助額及び補助率

<一般型>
中小企業者等が行う「革新的な製品・サービス開発」又は「生産プロセス・サービス提供方法の改善」に必要な設備・システム投資等を支援

項目要件
補助金額100万円〜1,000万円
(特別枠の場合に限り、+50万円の事業再開枠が上乗せ可能)
補助率通常枠 中小企業者 1/2、小規模企業者・小規模事業者 2/3
特別枠 A類型 2/3、B・C類型 3/4
事業再開枠定額 (10/10、上限50万円)
設備投資単価50万円(税抜)以上の設備投資が必要
補助対象経費通常枠
機械装置・システム構築費、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウドサービス利用費、原材料費、外注費、知的財産権等関連経費

特別枠
上記に加えて、広告宣伝費・販売促進費

事業再開枠
業種別ガイドラインに基づく感染防止対策費

※小規模企業者・小規模事業者は、常勤従業員数が、製造業その他業種・宿泊業・娯楽業では20人以下、卸売業・小売業・サービス業では5人以下の会社又は個人事業主を言います。
※交付決定後に小規模企業者・小規模事業者の定義からはずれた場合は、補助率が変更となる場合があります。

■補助対象者

本補助金の補助対象者は、日本国内に本社及び補助事業の実施場所を有うする中小企業者及び特定非営利活動法人に限ります。
ただし、申請締切日前10ヶ月以内に同一事業(令和元年度補正・令和二年度補正ものづくり・商業・サービス生産性向上促進事業)の交付決定を受けた事業者を除きます。

※大企業とみなされる場合は、補助対象外となります。

引用:全国中小企業団体中央会「令和元年度補正・令和二年度補正 ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金 公募要領」

■提出(添付)書類

1.事業計画書(10ページ以内)
 その1 補助事業の具体的取組内容
 その2 将来の展望(事業化に向けて想定している市場及び期待される効果)
 その3 会社全体の事業計画
2.賃金引上げ計画の表明書(様式1)
3.決算書等
4.海外事業の準備状況を示す書類
 【成長性加点】 経営革新計画承認書など
 【政策加点】  開業届又は履歴事項全部証明書
 【災害等加点】 自然災害による被害状況等証明書(様式2)
 【災害等加点】 事業継続力強化計画認定書 又は 連携事業継続力強化計画認定書
 【賃上げ加点等】特定適用事業所該当通知書

■公募スケジュール

公募開始   :2020年3月10日(火)
第1回受付締切:2020年3月31日(火)
第2回受付締切:2020年5月20日(水)
第3回受付締切:2020年8月3日(月)

第4回受付締切:2020年11月26日(木)17:00
第5回受付締切:2021年2月予定

■フィッシュリップルでの補助金を活用したプラン

フィッシュリップルでは当補助金の申請支援のみならず、補助金を活用した経営・ブランディング・マーケティング活動を支援しております。ECサイトやマーケティングツールの導入にとどまらず、以降のECサイトの育成、マーケティング・セールス・CRM活動の最大化までサポートいたします。サポートエリアは東京・神奈川・大阪を中心に、Zoomなどを使ったリモート対応を全国で行っております。これまでITツール導入のコストがネックだった方も、ぜひこの機会に補助金を活用したツール導入をご検討ください。