皆さんこんにちは。
世界120か国以上、121,000社を超える企業で採用され、メディア調査によるとマーケティングオートメーション国内導入率トップ3に入るHubSpot(ハブスポット)。
今回は、HubSpotの料金についてまとめさせていただきます。

目次

  1. 料金が完全無料のHubSpot CRM
  2. 手頃な料金で利用できるHubSpot Starterプラン
  3. IT導入補助金が利用できるHubSpot Professionalプラン
  4. 運用サポート

料金が完全無料のHubSpot CRM

マーケティング・営業・カスタマーサポートなど各部門の担当者が各々管理することが多かった顧客情報を一元的に管理し、同じ情報を全ての部門が共有することにより、マーケティング・営業の効率化や顧客満足度を高める目的で利用されるCRM(顧客管理ツール)。

HubSpotでは、「連絡をとっている担当者」「担当者の所属先」、「取引」などの情報を蓄積するツールを完全無料で利用できます。メールアドレスを連携すれば、担当者や会社に紐づく形で連絡のやりとりを蓄積することができるので、CRMがどういうものか試してみようという方におすすめのプランです。

手頃な料金で利用できるHubSpot Starterプラン

CRM(顧客管理ツール)は、マーケティングや営業活動を効率化し、また顧客満足度を高めるといった次のアクションに繋げること目的として導入するツールです。
無料プランでは、「マーケティングの効率化」「営業活動の効率化」「顧客満足度の向上」につながるHubSpotの機能が制限されておりますが、Starterプランでは、HubSpotの基本的な機能を利用できるようになります。
HubSpot Starterプランには、「マーケティング」「セールス(営業支援)」「カスタマーサービス」をはじめ、合計5つのツールがあり、自社の利用用途に応じて選択するようになっております。
2021年10月18日現在の各HubSpot Starterプランの料金は以下の通りです。

HubSpot Starter プラン料金
マーケティング¥5,400 / 月
セールス¥5,400 / 月
カスタマーサービス¥5,400 / 月
CMS¥2,700 / 月
オペレーション¥5,400 / 月

フィッシュリップルがおすすめするプランは「CRM Suite Starter」という全てのStarter機能が利用できるプランです。
理由は単純に料金がお手頃だから。
本来であれば、選択するツールに応じて料金が積み重なりますが、「CRM Suite Starter」はHubSpot Starterプランの全ての機能が利用できるのに、料金は変わりません。したがって、「CRM Suite Starter」が最もおすすめです。

IT導入補助金が利用できるHubSpot Professionalプラン

HubSpot ProfessionalプランもHubSpot Starterプラン同様、「マーケティング」「セールス(営業支援)」「カスタマーサービス」をはじめ、合計5つのツールがあります。
HubSpot Professionalプランでは、マーケティングオートメーション・セールスオートメーションによる自動化ができたり、SEO対策ができたり、顧客満足度調査ができたりとHubSpot Starterプランよりも高性能です。ただ、高性能につき使いこなすのも難しく、最初の3ヶ月間は導入支援を受ける必要があります。
2021年10月18日現在の各HubSpot Professionalプランの料金は以下の通りです。

HubSpot Starter プラン料金
導入支援¥450,000
マーケティング¥96,000 / 月
セールス¥54,000 / 月
カスタマーサービス¥43,200 / 月
CMS¥43,200 / 月
オペレーション¥86,400 / 月

ちょっと高いですよね。
HubSpot Professionalプランを利用したいけど、料金面で導入を諦める方も少なくありません。
そこで、フィッシュリップルではIT導入支援事業者として、導入支援と各ツールを登録しており、料金の3分の2が補助金の対象になります。よって、実質負担額は3分の1です。

IT導入補助金に関してはこちらをご参考ください。

IT導入補助金

例えば、HubSpot Professionalプランのマーケティングを選択された場合の費用は、
「ツール料金 ¥1,152,000(年間) + 導入支援 ¥450,000 = ¥1,602,000」となります。
ここに対し、IT導入補助金が ¥1,068,000 適用されますので、実質負担額は ¥534,000 となります。

運用サポート

フィッシュリップルでは、HubSpotの運用が心配なお客様に対し、運用のサポートを行っております。こちらもIT導入補助金の対象となっておりますので、運用時の費用面で心配な方もご安心ください。

以上、ここまでHubSpotの料金について簡単ですが記載させていただきました。