【東京都】スタートアップ(創業1年未満)/ものづくり補助金 低感染リスク型ビジネス枠の採択実績(補助申請額860万円)

2021年6月創業の会社様より、「新サービス立ち上げのシステム構築費や販路開拓費用を資金確保するために、ものづくり補助金を申請したい」とのお問い合わせをいただき、事業計画書のストーリー作りをはじめとしたものづくり補助金の申請サポートを行いました。

すでにサービス案やシステム設計図がありましたので、そちらを説明してもらいつつ、専門業種について素人である私自身が何度か説明させていただくことで、専門用語等を噛み砕きながら、補助事業が成功するまでのストーリーを描きました。

特に今回注力したことは、すでに競合他社が市場にサービスを展開しておりましたので、使用者目線での競合他社サービスの課題を整理し、差別化ポイントである「競合他社では実現できない付加価値とは何か」を重点的に事業計画書をまとめました。

「具体的な課題」「競合他社との明確な差別化」「補助事業の成功を裏付ける経営者の技術力」の3点が、ものづくり補助金の採択ポイントである「実現可能性が高い事業」として評価され、採択されたのではないかと思います。

締切5分前と、ギリギリの作業となる中、最後までご協力いただき、この場を借りてお礼申し上げます。2ヶ月経つ今でも、あのヒリヒリ感は忘れられません。

>ものづくり補助金の申請サポートについては、こちらをご覧ください

Client

創業1年未満のスタートアップ(東京都)

Case
ものづくり補助金

Release
2021年9月

Credit
Planning:Tadashi Ommayashiki(FISHRIPPLE)

 

ものづくり補助金の申請についてご検討される場合には、こちらよりお問い合わせください。