おはようございます。岸本@リモートワークです。

「コロナウィルス」「stayhome」

TVをつければ深刻なニュースに、政治判断への「賛」より「否」が多いコメント。

Twitterを開けば、叩き合いや罵り合いがコロナ前より多くなっているような気がして、つい見たくて見ているのだけど、見た後はなんだかとっても落ち込みます。。。

「コロナが落ち着いたら会いましょうね」

この言葉をここ最近一体何人と交わしたでしょうか。
本当に会いたいし、飲みたいし、釣りにも一緒に行きたい。

しかし、それはいつだろう、、
こうやっていとも容易く未来を悲観できてしまうようになってしまいました。

いやいや、悲観はしてはいかんです。

だって、皆、ぐっと今を辛抱して、
各々ができることを頑張っているんだから。

だから僕だって。と思ってます。

今が辛抱の時だからこそ、
少しでも明るい情報を仕入れるようにして一人だけでもいいから届けたいし、少しでも一緒に前を向いていきたい。

なので。

自分が担当している
ブランディング、マーケティング、コミュニケーションの観点から
コロナ時代になってしまってからも、自分にとって学びがあったこと、勇気づけられたことを今後雑記だけど綴っていきます。

さて。


今日は先輩経営者から学んだ「ピンチの時にとるブランドのファーストアクション」の話です。

弊社でマーケティングの「ご支援させていただいている、とある企業様。

コロナによってリモートワーク化になってから、用事があって訪問した時のこと。そこの経営者の方のある振る舞いに僕は驚きました。

「はい、岸本さん!マスクどうぞ!」

と僕にマスクをくれたのです。しかもたくさん。

「えっ、どういうことですか!?」と思わず僕が聞くと

「マスク頑張って調達しまして、社員そして一緒にお仕事しているパートナーの方には皆お配りしているんです!」

と。

このコロナは人類にも社会にも経済にも大きなピンチをもたらしている。こういった時にブランドや経営者はいろんなアクションの方法を考えながらも、まず売上の確保(凹んだ売上をキャンペーンやセールで取り戻す)、ビジネスモデルの見直しなど経済的打撃に対するアクションをとることが多いのだと思っていた。

でも、このブランドは違った。

ブランドの価値を下支えする人たちの“命を守る”アクションをまずとったのだ。

ピンチの時に“誰を”“何を”どの順番で守るか。これはブランドの真価が現れるなと思ったし、こうやってブログにも綴るくらいだから僕も甚く感動し、学ぶものがあった(後輩経営者として)。

このブランドは当然(?)ピンチへの他のアクションもとっている。下記はその一部。

・医療の最前線で闘う医療従事者へ寄付による支援
・従業員のリモートワーク化
・お客様がお家にいながらそのブランドを楽しめる企画

これらは当然の行いだから、わざわざPRしない。社会へメディアへ「社会貢献やってますよアピール」をしないのがカッコいい。カッコいいからファンは支持し応援し、絆が深まるのだ。

さらに、この状況下で既に新たなチャレンジ(新規事業)に着手している。こうやって常に一手・二手先を見ながらアクションできるブランドは本当に強い・・・

そして、まだまだブランドを大きく強くしていくには、やはり今、従業員の命を守ることが最も優先順位の高い取り組みになってくるという話に戻るのです。

貴重なマスクありがとうございます。

フィッシュリップル 岸本


フィッシュリップル株式会社は企業や個人事業主のブランディング、マーケティング活動を支援します。

もちろんリモート形式でもお打ち合せ、 プロジェクト進行が可能です。

お気軽にご相談いただけますと幸いです。
hello@fishripple.jp